スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリークリスマス♪

狸の里から
moblog_4c61fbdd.jpg 
メリークリスマス♪です(^-^)/

12月18日、兄ちゃんがインフルエンザA発症し、
12月21日に次男が同じくインフルエンザAを発症し・・・
母ちゃんは今のところ大丈夫ですが、
兄ちゃんは今日まで、次男が26日まで自宅待機中の我が家ですΣ(´Д`*)

ちょっと前に、学校の先生からお借りして、
いろいろな面でステキなお話しだと感じた本がこちら
moblog_b3760c13.jpg 

五十音字たちが集まったときに、「自分はどれだけ活躍しているか」と自分自慢をはじめます。
そんな中で、自慢に負けそうになった文字が、
小さい「っ」は音を出さないから大切ではないと意地悪を言い出します。
これに他の文字たちも便乗して意地悪を言いました。
その夜、小さい「っ」は
「僕はあまり大切ではないので、消えることにしました」
と村から出ていってしまいました・・・
小さい「っ」がいなくなった次の日から世界中でおかしなことが起こり始めました。
五十音字たちは、自分たちが間違った大変ことをしてしまったことに気がつき、ちいさい「っ」を探し始めますが、ちいさい「っ」は冒険を楽しんでいてなかなか見つかりません。
言葉を使わなくなってきた人間も出てきて・・・
さてどうなる???

というお話しなんですが。
最後のページに
どんなに小さくても、人によいことをすれば、した以上のことが返って来る。それが知らない人であろうと関係ない。
どんなことでもやる前から諦めたりしないこと。ちっぽけに思えることでも、そこから大きなことが始まるかわからない。
そのときは意味がないと思われることでも、後々それが本当は大切なことだったと気づくことがある。
と言うことが書かれていました。

この本の内容をどう受け止めるかは、読み手しだいですが・・・
母ちゃんには、
必要の無いものなど何もない
必ず、何か意味があるのだ
ということを感じた本となりました。

よかったら、読んでみてくださいね(´∀`*;)ゞ

小さい っ が消えた日
 スエファノ・フォン・ロー(作)
 三修社出版

では皆様、よい年末年始を・・・
moblog_962f7c86.jpg 



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。